遺伝よりも後天的習慣のほうが長生きに影響するって知っていますか?

長生きの秘訣

人の寿命は何で決まるのか?・・・なんて考えたことはありませんか?
何か決まり事?法則?でも存在しているのか?
とは言え、お酒・タがバコに暴飲暴食していても、健康診断で何も問題がない人いますよね…
かたや節制や運動していても検査で引っかかったり、体調崩したりしている人いますよね…
そんな事から、健康寿命っていったい、何をしたらいいのかわからなくなってしまします。

 

もちろん例外はありますが、平均的には、やはり遺伝よりも生き方(考え方や生活のリズム、習慣)のほうが健康寿命の長短を大きく左右するようです。
つまり、不規則な生活・タバコやお酒、暴飲暴食のやりたい放題コースを選択すると、結果的には健康を阻害され、病気で苦しんだり、寝たきりになったりする確率も明らかに高くなります。

 

では、どうしたらいいの?ということになりますが、その前に、私たち自身が、「自分はどうしたいのか?」という問に答える必要があります。
とめどなく好き放題できるのなら、苦しんで早死にしてもかまわないという選択をするか、「いやいやそれなりに養生節制してできるだけ元気で長生きをしたい」という選択をするかの二択となります。
前者を選んだ方は、もちろんここで話は終わりです。ここで話が終わってしまったら元も子もないので言っておきますが、前者を選ぶと行く末はいばらの道です・・・ かなり高い確率で苦しみながら死んでいくことになると思います。


努力せずに「自然のままに生き」たら、健康寿命は伸びるのか??

長生きの秘訣

ここで少し話は逸れますが、「自然のままに生きる」とか「天命のおもむくままに生きる」っていうのはみなさん、どうでしょうか?
そう思った方がいらっしゃったら、少し甘いかもしれません。実を云うと、私も数年前まではそのような甘い考えを持っていました。あまり無茶をせずふつうに生活をしていれば相当な確率で元気で長生きできるのではないかと・・・

 

しかし現実は違いました。。健康な老人はコツコツとやっていたのです・・・貯金を!!病気や寝たっきりにならぬよう、将来に役立つと自分が信じることを日々やっていました。地味ではありますが日々の積み重ねが貯金されていただのです。

 

統計的に下記の老人が長生きしています。

 

  • 早起き、規則正しい生活をしている
  • 定期的に身体を動かす
  • 趣味を持っている
  • あまり間食しない
  • 食べ過ぎない 肥えていない
  • 野菜果物をよくとる
  • 洋食よりも和食 肉よりも魚貝類

 

 パット見たら「こんなもんか」と思うかもしれません。しかし、この当たり前が出来ていないのです。
しかし、これを実施することが健康を貯金してゆく事なのです。
でもどうでしょう、ほとんどの人は、その当たり前のことを実行していません。元気で長生きをしている人たちは、当たり前のことを当たり前のようにコツコツやっているだけなのです。
元気で長生きをしているお年寄りは、漠然と毎日を送っているのではなく、病気にならぬように、そして元気で入れるように、先に挙げたようなことを意識しながら、自助努力を欠かしません。
また、たとえば食材選びやサプリメント、趣味 旅費 寝具、人間ドック・・・などには、こだわりを持った選択をし、必要であればコストをかけたりもしています。

 

つまり大往生を遂げている人たちは、元気で長生きができるように、エネルギー(意識、努力、コスト)を費やしているということなのです。健康長寿はただではなかなか手に入らないのかもしれません。コツコツと健康貯金をしていくことが必要なのかもしれません。

 

(文責:にっしゃん



TOPへ