ビタミンCを入浴剤にすると塩素除去になるけど何がいいの??

入浴剤

前項で水道水の塩素除去について記載させていただきました。
家の中で一番水道水を使用する場所「お風呂」での使用量も計算してみました。

 

そこでですが、そもそも消毒の為に次亜塩素酸ナトリウム等を入れているのに、なぜ中和する人が増えているのか??なぜ中和した方が良いのか??との問合せをいただいた事があります。

 

その疑問を解消してゆきましょう!!


体のかゆみは塩素

入浴剤

実際は塩素って言われても…

 

そうですよね!わかりやすい例えですと、プールやスーパー銭湯を思い浮かべてみて下さい。
あの鼻に来る塩素臭!わかりますか??
そんな施設ですが、施設利用した最後には自然と絶対に風呂やシャワーを浴びて帰る…そこに答えがありました。

 

皆様もプールやスーパー銭湯に入って髪がパサついたり肌がカサカサした経験があるかと思います。
それらは全て細胞が損傷している証拠です。
なぜならプールやスーパー銭湯は不特定多数の人間が浸かる為、塩素が一般家庭より多く使用されているからです。
塩素は水を消毒する能力がありますが、細胞を破壊させる力を合わせ持つ塩素の中に、角質層が剥がれ落ちて肉が剥き出しになった皮膚を浸したらどうなるのか…想像できますよね。

 

塩素の力
それを読み解いてみましょう…


塩素の毒性は人体に多大な悪影響を及ぼしてしまう

入浴剤

水道水やプール、スーパー銭湯に大衆浴場、家庭では漂白剤やキッチンハイターに至るまで私たちの身の回りは塩素に囲まれていると言っても過言ではありません。
塩素は殺菌力が非常に強いことが知れております。
私達の生活をより安全にしてくれたとても有難い成分なのですが、水道水に含まれている微量の塩素ですら肌の弱い方やアレルギー性皮膚炎の方にとっては、とても脅威となっております。
塩素は殺菌力とともに強い粘膜刺激作用があり、大量に摂取してしまうと灼熱感・嘔吐・頭痛・湿疹・皮膚炎・咳・窒息・肺炎・気管支痙攣・肺水腫・致死など、使用方法を誤るととても怖い成分となります。
普段の生活でもお風呂場の掃除やキッチン周りの掃除などで、塩素入りの洗浄剤を使用することがあるかと思いますが、掃除中にめまいや目が痛くなったり、呼吸がしにくくなったりした経験があるのではないでしょうか。
それらは全て塩素を身体の中に吸収した結果起こってしまったことなのです。
塩素は気化しやすい為、約25℃でガス化します。
洗浄剤にも「必ず換気をよくして使用する」と記載されてますよね!!
また、「混ぜるな危険」とも商品に書いてあるかと思いますが、あれは混ぜたことにより化学反応を起こし塩素ガスを大量に発生させてしまう恐れがある為です。
この化学反応により自殺を図ってしまう方もいる程、塩素は怖い成分なのです。


塩素の毒性についてのまとめ

入浴剤

今回は塩素の毒性について書いていきました。
塩素はその殺菌力から私たちが生活していく上でなくてはならない成分ですが、その反面毒性が強く身体に悪影響を及ぼしてしまうことがある厄介な成分でもあります。
皆様が普段から使用している水道水にも塩素は含まれていますで、これまで肌荒れや髪質などの悩みを抱えていた方は、水道水やお風呂の塩素を取り除くことができれば身体も良い方向に行くかもしれません。
危険!毒性が!と言われますが、塩素はこれからも私達の生活の中に存在し続けます。
ちゃんと毒性を理解し正しく使用・除去すれば塩素は脅威のない安全な成分です。
皆様が塩素とうまく付き合って、過ごせることを祈っています!!

 

購入はAmazonから

↑栄養機能食品ビタミンCの購入はこちら↑



TOPへ