お風呂とアトピーの関係性

入浴剤

アトピーである我が子と、どのようにしてお風呂に入っていますか?
心と身体をリフレッシュしてくれるお風呂ですが、一歩間違えればアトピー悪化の原因にもつながります。
ではどのような点に注意してお風呂に入れば良いのでしょうか?
ひとつひとつ紐解いてゆきましょう!


塩素導入がアトピー性皮膚炎増加の原因??

入浴剤

昔日本に塩素が導入されたことにより、伝染病や食中毒、感染症などの危険が減少してきましたが、塩素による肌への悪影響が懸念されていました。
アトピー性皮膚炎ですが、塩素が導入される前は深く問題視されていませんでしたが、塩素の普及に比例してアトピー性皮膚炎の方の増加が著しくなり、本格的に問題視されるようになりました。
アトピー性皮膚炎の原因ですが、生活習慣・遺伝・ストレス・睡眠・ホルモンバランスの乱れ等ありますが、塩素も肌荒れを悪化させてしまう要因の1つとなります。
感染症などの脅威から生活を守ってくれる塩素ですが、塩素によって生活を脅かされている方が少なからずいるのもまた事実です。

 

家庭内で一番塩素を使用しているいる場所!それはお風呂です!!
お風呂をスケールアップしたのがプールやスーパー銭湯になります。
プールに入り髪がパサついたり肌がカサカサした経験はありませんか??それらは全て細胞が損傷している証拠です!
不特定多数の人間が入る施設なので塩素が一般家庭より多く投入(調整)されているからです。
お風呂やシャワーに関しては毎日の事なので、出来る限り安全にすごしたいですよね。


安全への第一歩!ビタミンC入浴剤でお風呂の塩素除去!!

入浴剤

それでは問題となっている浴槽から塩素を追っ払う方法を伝授させていただきます!
その方法は簡単!ビタミンC粉末を浴槽に投入すれば良いだけです!!

 

どういう事かと言いますと、ビタミンCと塩素が酸化還元反応を起こし、ビタミンCと食塩と水に変化させるのです。
化学式でいいますと下記になります。

 

C6H8O6 + NaClO  → C6H6O6 + H2O + NaCl
(ビタミンC+次亜塩素酸ナトリウム → 酸化ビタミンC+水+塩化ナトリウム)

 

ビタミンCを投入する量
一般家庭の浴槽の湯量(160~200L)であれば0.5~1gで十分効果が得られます。


ビタミンCを投入するタイミング

入浴剤

次にいつ投入するのかという事ですが、入浴1時間前後が良いでしょう。
お湯を張りながらでもかまいませんし、もちろん張ってからでも大丈夫です。

 

なぜ入浴1時間前なのかと言いますと、ビタミンCが化学反応を起こし浴槽内の塩素を全て酸化還元し終わるのが大体1時間と言われているからです。


さいごに

入浴剤

塩素はその殺菌力から私たちが生活していく上でなくてはならない成分ですが、その反面毒性が強く身体に悪影響を及ぼしてしまうことがある厄介な成分でもあります。
皆様が普段から使用している水道水にも塩素は含まれていますで、これまで肌荒れや髪質などの悩みを抱えていた方は、水道水やお風呂の塩素を取り除くことができれば身体も良い方向に行くかもしれません。
危険!毒性が!と言われますが、塩素はこれからも私達の生活の中に存在し続けます。
ちゃんと毒性を理解し正しく使用・除去すれば塩素は脅威のない安全な成分です。
皆様が塩素とうまく付き合って、過ごせることを祈っています!!

 

購入はAmazonから

↑栄養機能食品ビタミンCの購入はこちら↑



TOPへ