入浴剤の成分

入浴,効果

市販されている入浴剤の成分は厚生労働省の承認許可を必要とするため、市販されているもののほとんどは、無機塩類、生薬類、酵素類、有機酸類、保湿剤、着色剤、香料等が使われています。
一般に浴用剤は温泉成分の効能を期待するものと薬用植物成分の効能を期待するものとに大別される。
前者は重炭酸ナトリウム(重曹),硫酸ナトリウム(ボウ(芒)硝),食塩,ミョウバンなどの無機塩類を成分とし,後者はトウキ(当帰),センキュウ(川芎),ハマボウフウ(浜防風),ハッカの葉,カミツレなどを成分とする。


無機塩類

入浴,効果

入浴による温熱効果や清浄効果を高めたり、湯を軟らかくする。
炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、セスキ炭酸ナトリウム、塩化ナトリウム(食塩)、塩化カリウム、硫酸ナトリウム(芒硝)、硫酸マグネシウム、メタケイ酸ナトリウム


生薬類

入浴,効果

入浴による温熱効果を高める。
ウイキョウ、オウゴン、オウバク、カミツレ、コウボク、米発酵エキス、ジュウヤク、ショウブ、センキュウ、チンピ、トウキ、トウヒ、トウガラシ、ニンジン、ユズ、ヨモギ、ボウフウ、ハッカ葉、ショウキョウ、甘草、ケイヒ


酵素類

入浴,効果

皮膚を清浄にする。
パパイン、パンクレアチン、蛋白質分解酵素


有機酸類

入浴,効果

重曹等の炭酸塩と組み合せて配合し、湯のpHを調整して炭酸ガスを発生する。
コハク酸、フマル酸、リンゴ酸、クエン酸、マレイン酸、酒石酸、乳酸


保湿剤(油性分も含む)

入浴,効果

肌をしっとりさせる。
液状ラノリン、ホホバ油、グリセリン、カゼイン、ステアリルアルコール、オリーブ油、大豆油、流動パラフィン、白色ワセリン、プロピレングリコール、脱脂粉乳、スクワラン、ハチミツ、ポリエチレングリコール、コメ胚芽油


着色剤

入浴,効果

お湯に色をつける。
リボフラビン(ビタミンB2)、カロチン、クロロフィル、色素[黄色202号-(1)、黄色4号、青色1号、緑色201号、緑色204号等]


その他

入浴,効果

無水ケイ酸、カンフル、サリチル酸メチル、テレビン油、メントール、デキストリン、酸化チタン、香料


まとめ

入浴,効果

入浴剤の種類は、これらの構成成分により、無機塩類系、炭酸ガス系(無機塩類の中の炭酸塩と有機酸を組み合わせたもの)、薬用植物(生薬類)系、酵素系等の種類に分類することができますが、最近ではいくつかの成分の複合タイプが多く発売されています。
又剤型的には、粉末、顆粒、錠剤、液体、あるいはカプセルタイプ等種々の剤型が市販されています.。

 

(文責:にっしゃん



TOPへ