クエン酸は洗濯にも使える??

クエン酸

クエン酸は洗濯にも使用できることをご存知でしたか??

 

クエン酸はレモンなどの柑橘類に含まれる酸味成分である有機酸のことです。
ドラッグストア等で市販されているクエン酸は、ほとんどがトウモロコシ澱粉を発酵させて精製された物となります。
トウモロコシ由来なので、口に入ったとしても安全で、環境にもやさしいのが特徴です。

 

そんなクエン酸ですが、その名前の通りクエン酸は「酸性」の性質となります。
「酸性」という事は、反対の性質である「アルカリ性」の性質を打ち消す働きができます。
この「酸性」が「アルカリ性」を中和する効果は、家事のいろんな場面で活用でき、洗濯のときにも使えるます。
クエン酸自体が安価で手軽に入手できるほど身近で安全な素材ですので、あらゆる作業に取り入れるのも安易にできます。

 

次はそんなクエン酸を洗濯に使用する効果を紹介します。


クエン酸を洗濯に使用する効果??

クエン酸

クエン酸を使用しての洗濯は、洗剤として使用するパターンと、柔軟剤として使用する2パターンがありますので、どちらの用途にするかを事前に決めておいて下さい。

 

☆洗剤として使う
クエン酸は洗剤ではありませんが、酸性の性質を利用し「アルカリ性の汚れを落とす」効果があります。
洗剤の溶け残りや、ツンとする臭いのある衣類はアルカリ性の汚れがついています。
洗剤はアルカリ性の性質があるのでこういった汚れは落としにくく蓄積されてしまいますが、クエン酸を洗剤代わりに使用する事でスッキリ落とせます。

 

☆柔軟剤として使う
一般的な洗剤はアルカリ性に調整されています。その理由は皮脂などの汚れを分解しやすくするためです。
しかしアルカリ性は生地に負担をかけ、チクチク・ゴワゴワっとした感触を残す一因にもなります。
すすぎのタイミングで柔軟剤代わりにクエン酸を使用する事で、残ったアルカリ性の成分を中和する事が出来ます。
柔軟剤として使用すれば、洗濯物がふんわりとキレイに仕上がります。

 


クエン酸を洗剤代わりに!!

クエン酸

・洗いのタイミングでクエン酸を洗剤代わりに使用する方法

 

基本的には皆様が普段から使用されている洗濯洗剤の入れるタイミングと同じです。
クエン酸で洗濯のやり方は、上で紹介したようにツンとした臭いのある服やタオルなどを洗濯する時に有効です。
手順は簡単で
1、水を張りクエン酸を混ぜる(クエン酸の添加量目安として、水10Lに対し、クエン酸10gが目安)
2、洗濯物を入れて洗う(洗剤・柔軟剤は入れない)
3、脱水まで終わったらいつも通り干せば完了。
ポイントとしては、クエン酸単品で洗濯する事です。
洗濯洗剤の多くは弱アルカリ性なので、クエン酸と一緒にすると中和(打ち消しあう)してしまい効果がなくなってしましますので気を付けましょう。


クエン酸を柔軟剤として使用する方法

クエン酸

クエン酸を「すすぎ」のタイミングで使うと、柔軟剤の代わりになります。
柔軟剤を使用したくない衣類や、チクチクしたりごわつきが気になる衣類なんかの洗濯に向いています。

 

こちらも手順は簡単で
1、すすぎのタイミングで洗濯機を止める。
2、クエン酸を入れ、洗濯機をふたたび動かす(水30Lに対してクエン酸1g)
3、脱水までしたら終わり。
あとはいつも通り干して下さい。
柔軟剤として使用する場合は洗濯洗剤で洗濯して下さい。
すすぎのタイミングで投入する事により、洗剤のもつアルカリ性を中和し洗濯物がふんわり仕上がります。
クエン酸を柔軟剤として使用する時は、水に溶いて使用する事をおススメします。
溶け残りとかあれば洗濯機の底に残ってしまうからです。


クエン酸を洗濯で使用する時の注意点

クエン酸

クエン酸を洗濯で使うときの注意点についても確認しておきましょう。

 

☆塩素系漂白剤と混ぜない
一番はクエン酸と塩素系漂白剤を混ぜて使わないことです。
塩素系漂白剤は、酸性の物質と混ざることで体に有害なガスを発生させてしまいます
皆様が普段使用されている洗濯洗剤や漂白剤などに塩素が含まれていることはないと思いますので、それほど気にする必要はありませんが、「ハイター」などを使用して洗濯するときは危険ですので使えないと覚えておいてください。
前項にも言いましたが、洗濯洗剤と併用して使うのもダメです。
アルカリ性の性質と打ち消しあって中和されてしまい効果が弱まってしまうからですよね!
上記二点は注意しましょう!!


クエン酸で洗濯機のお掃除

クエン酸

ここで余談ではありますが、クエン酸は洗濯機自体の掃除にも使る事を話します。
洗濯機の内側の洗濯槽には、衣類の汚れや洗剤の溶け残りなどがたまっていて不衛生な状態であることを知っていますか??
洗濯槽にたまる洗剤の溶け残りをクエン酸の力で分解しましょう!

 

方法ですが、洗濯物を入れずに水だけを高水位になるまで洗濯機に入れましょう。
高水位になったら100〜200gのクエン酸を洗濯機に加えます。
このときに水ではなくお湯を使った方が汚れ落ちがよくなります。
あとは通常のコースで洗濯機を動かせば完了です。
洗濯槽の掃除は、溶け残りの出やすい粉末洗剤を使っているおうちにおすすめです。



TOPへ