記事一覧

真皮の構成要素のほとんどはコラーゲンでできており、肌のたるみやシワなどは、コラーゲンの劣化が原因とされています。コラーゲンの劣化は、熱や紫外線、酸化などによりコラーゲンのタンパク質構造が変性することによりおこります。コラーゲンは、コラーゲンペプチドが連続してつながった糸状のものが、三重螺旋によじれてヒモ状となった構造をしています。この三重螺旋をコラーゲン構造といいます。糸状のものが、三重螺旋のコラ...


TOPへ