グリシンとは??

グリシンの基礎知識

皆様、グリシンというものをご存知でしょうか??
普段目にする事も耳にする事もあまりない物質ですが、グリシンは、アミノ酸の一種で、体内にもある安全な物質です。


人間の身体でも作られている!!

グリシンの基礎知識

グリシンは人間の体内で合成できる非必須アミノ酸の一種で、不眠を改善する効果や抗酸化作用があります。
特に血液中での酸素を運ぶ機能に関係するポルフィリンや筋肉運動に必要なクレアチン、抗酸化物質のグルタチオンや核酸のプリン体を作る物質として知られています。
また、グリシンはコラーゲンを構成するアミノ酸で、コラーゲン中の約3分の1を占めています。
肌のハリと弾力を保つ役割を持つほか、脊椎や脳幹に多く存在し、中枢神経で抑制系の神経伝達物質としても働きます。

 

グリシンですが、多くの動物性タンパク質に存在し、特にゼラチン・エラスチンなどに多量に含まれています。
食品では、牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類のほかに、ホタテやエビ・カニなどに多く含まれています。
このように食品の中にも入っている事から、安全性の高い性質も大きな特徴です。


用途は様々

グリシンの基礎知識

グリシンの用途ですが、グリシンは水に溶けやすいという性質を持っております。
したがって使いやすさもあり、さまざまな用途で使用されています。
グリシンは大腸菌などの生育を阻害するため、食品の日持ちを良くする働きがあります。
その働きを用いて、調味料や日持ち向上剤として惣菜,菓子など多くの食品に使われています。
また、食品用途以外にも、その特性を活かして、医薬品用途、化粧品類、工業薬品他、幅広く使われております。



TOPへ