肌がピリピリする??

ビタミンC

ビタミンCを水溶液にして塗ったら、肌がピリピリするといった質問をいただきましたので、お答えさせていただきます。

 

美白効果が高いと言われているビタミンC配合の化粧品類ですが、肌に塗ったらピリピリする感覚を覚える方々がおられると思います。

 

ビタミンCによる刺激の原因は還元作用
ビタミンCは、そのままを皮膚に付けると刺激的な成分であることが知られています。
それはビタミンCの強力な「還元作用」が理由となります。
還元作用をわかりやすく説明させていただくと、シミができた肌をもとの明るい色に「戻す=還元」することです。
例えばですが、リンゴを切って置いておくと茶色くなってきますよね。それはリンゴが酸化して茶色くなってしまっているのです。
古く酸化したリンゴに、ビタミンCを塗るともとの色に近づいてゆきます。それが還元作用になります。
ビタミンCはこの還元作用が強力なため、肌に塗ったときに刺激を感じやすいと言われています。


皮脂分泌抑制作用

ビタミンC

ビタミンCですが皮脂の分泌をコントロールする働きもあります。
ビタミンCを塗る事により皮脂分泌が抑制され肌が乾燥し敏感になってしまっている可能性もあります。
もともと乾燥しやすいタイプの方であれば、この刺激はさらに強くなります。


外的環境のよるもの

ビタミンC

ビタミンCの「還元作用」や「皮脂分泌作用」による刺激は、肌質やその時の肌のコンディションによっても感じ方が異なってきます。
敏感肌の方の場合、少量のビタミンCでも刺激を感じることもあれば、その逆もあります。
また季節的な問題で肌にストレスがかかりやすくなったり、生理周期や環境の変化によっても肌に刺激を感じやすくなることもあります。
製品の中に含まれているビタミンCの濃度が高ければ高いほど、刺激を感じやすくなりますので注意して下さい。


パッチテストのススメ

ビタミンC

過去に化粧品でお肌が赤くなったことがあったり、もともと敏感肌の方は、腕などで少量のパッチテストをすることをおすすめします。
自分にその製品が合う合わないを知る事は大切です。
少量のパッチテストでも刺激を感じる人は、その時の肌状態調・体調・季節など、刺激となる原因を考えてみて下さい。
悪い時のタイミングからタイミングをずらしてご使用する事によって、感じなくなった・感じにくくなったという方もおられます。


それでも刺激を感じる場合

ビタミンC

何度試してみても刺激を感じる場合は、一回に使用する量を調整してみることをおすすめします。
人によって、肌質が良くなりお肌が徐々に慣れて来る方もおられます。
刺激を感じなくなれば、量を少しずつ増やしてみてください。
肌の調子を整え・見ながら、使用してゆくことがおすすめです。

 

購入はAmazonから

↑栄養機能食品ビタミンCの購入はこちら↑



TOPへ