お茶にビタミンC その用途と作用

コラーゲン

暑くなってきたらよく購入するお茶。
そのお茶ですが、原材料表示を見ると「ビタミンC」と書かれています。
市販のお茶には、ビタミンCが入っているのです!
どのメーカーのお茶でも、市販されているほとんどのお茶には「ビタミンC」が含まれています。

 

<ビタミンCの特徴のおさらい>
・皮膚や粘膜の健康維持を助ける(コラーゲン合成に関与)
・抗酸化作用がある(活性酸素を除去) 等

 


なぜお茶に「ビタミンC」を入れているのか?

コラーゲン

なぜお茶にビタミンCを入れるのか?疑問に思いますよね。
答えは簡単で、それはお茶が酸化しやすいからです。
お茶が酸化しやすいという事で、ビタミンCを配合する事により、ビタミンCの抗酸化作用が働き、お茶が酸化する代わりにビタミンCが酸化する事で劣化を防ぎます。
上記の事から主目的としてビタミンCを「酸化防止剤」として入れています。
他の目的としてですが、本来のお茶の葉に含まれているビタミンCが製造過程で失われてしまうことから、それを補填するために添加しているのもあります。

 


ラベルの表示のマジック

コラーゲン

ビタミンCを配合する理由は酸化防止目的なのに、表示に「酸化防止剤」って書いておりません。
表示に関してですが、本来「酸化防止剤」目的として添加する場合は、「酸化防止剤」と表示する必要があります。
しかし、「製造工程で失ってしまうビタミンCを補填するため」と言ってしまえば、「酸化防止剤」とは書かなくても良いものです。
(たとえその物質に酸化防止剤としての機能があったとしても)
これがラベル表示のマジックです。


ココだけの話

コラーゲン

食品の添加物表示に関してですが原則として、使用した全ての食品添加物を
「物質名」(別名、簡略名、類別名も可)で食品に表示することが義務付けられています。
ビタミンCは、物質名はL-アスコルビン酸ですが、別名、簡略名、類別名でも可であるため、
・ビタミンC・V.C・アスコルビン酸と表示することが可能です。 

 

但し、表示に関しては例外もありますので注意して下さい。
・一括名で表示可・用途名も併記・表示免除

 

細かく書いてもわかりにくくなりますので、割愛させていただきます。


イメージ戦略

コラーゲン

同じものでも表示ひとつでイメージが変わりますよね?
ビタミンCを本来の目的である酸化防止剤として添加している場合、「酸化防止剤」(L-アスコルビン酸)」と表示する必要があります。
しかしながら、「酸化防止剤」や「L-アスコルビン酸」などの化学物質ぽい名前は、食品としてのイメージが良くありませんよね??
そこで、なるべくイメージが良いように「ビタミンC」と表示することが多いです。

 

よく知ったかぶりで知識を振りかざす人が、食品添加物に対して拒否反応やネガティブキャンペーンを行っておりますよね。
「この食品は添加物まみれだから買っちゃダメ!早く死ぬ!!」とか
そんな人が「お肌にいいから」「身体にいいから」といって化粧品や薬・サプリメントをすすめたり摂取しております。
物にもよりますが、「中身同じですから」と言ってあげてください。
元添加物メーカー社員である私からすれば、切っても切り切れない関係。それが食品添加物ですから。

 

購入はAmazonから

↑栄養機能食品ビタミンCの購入はこちら↑



TOPへ