ビタミンCと骨粗しょう所の関係

ビタミンC

ビタミンCと骨粗しょう症の関係です。

 

骨粗しょう症ですが、骨の強度が下がり、骨折しやすくなる状態のことを言います。

 

骨折すると、身体機能の低下をきたし、生活の質が低下し、寝たきりになることもあります。

 

このような状態になるのを避ける為には、あらかじめ骨粗しょう症にならぬようケアすることが大切となります。

 

ビタミンCですが体内でコラーゲンを生成するという重要な働きがあります。


必要不可欠なビタミンC

ビタミンC

骨はカルシウムばかりでなく、半分以上が水分とタンパク質から成っており、そのタンパク質のほとんどはコラーゲンで作られています。

 

実は骨の細胞の90%はコラーゲンでできており、骨粗しょう症の予防には、ビタミンCは欠かせない成分といえます。

 

ビタミンCが欠乏すると、このコラーゲンの生成量が低下し、骨がもろくなってしまいます。

 

上記の事から、骨粗しょう症予防にビタミンCが必要不可欠であるという事がおわかりになったかと思います。

 

しかし、ビタミンCは水溶性であるために体内に蓄積することができません。

 

野菜や果物、またはサプリメントなどで日々、積極的に摂取するように心がけていただきたく思います。

 

購入はAmazonから

↑栄養機能食品ビタミンCの購入はこちら↑



TOPへ