そもそもビタミンDとは??

ビタミンD

ビタミン・ミネラルは出来るだけ食品から摂る方が良い!
それは皆様が思っている事で、私もそう思います。

 

しかしながら、食品からでは満足なビタミンを取り入れれない…サプリメントの力を借りて摂取すべきビタミンがあることも近年明らかになってきました。
それが今回お伝えしたいビタミンDです。

 

ビタミンDを食事からは十分に摂取することは困難で、日光に当たることにより皮膚で合成されるが、現代社会で日光を十分当たることは危険でもある。

 

そんなビタミンDですが、ビタミンDにはD2~D7の6種類があります。
ビタミンD1は発見された後で不純物であったことがわかったため、存在しません。
人にとって重要なビタミンDはD2とD3と言われております。

 

人がビタミンDを得るには2つの方法があります。食べ物から摂る方法と、日光を浴びて紫外線にビタミンDをつくってもらう方法です。
食べ物由来のビタミンDですが、ビタミンD2が植物由来、ビタミンD3が動物由来となります。

 

ビタミンD2:植物性食品(天日干しシイタケ、きのこ、海藻類など)に含まれる
ビタミンD3:動物性食品(魚肉、肝臓、鶏卵など)、人の皮膚に含まれる


ビタミンDの効果

ビタミンD

ビタミンDの主な効果・働きは以下の通りです。

 

ビタミンDはカルシウ・とリンの吸収を手伝って骨を丈夫にしたり、遺伝子の働きを調節したりしています。
また、筋肉を動かす時、感染症と戦うための免疫システムなどでも消費されます。
最近では、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症、妊娠しやすい体作りなどに有効という報告も出てきました。


ビタミンDを摂る方法

ビタミンD

ビタミンDを摂る方法は2種類。食事からとる方法と、日光に当たる方法です。
人にとってビタミンDのいちばん大きな供給源は、皮膚にある7-デヒドロコレステロール(プロビタミンD3)です。
太陽の光を浴びることによって、いちばんの働き者「活性型ビタミンD3」に変わることのできるビタミンD3に変わっていきます。

 

ビタミンDを摂取できる食品というのはそれほど多くはないのですが、魚類だけは別で全般に多く含まれています。
中でもさけ、ます、にしん、かわはぎ、うなぎ、しらす干し、からすみなどは特に多くのビタミンDが含まれます。
量は少なめですが、牛のレバー、チーズ、卵の黄身にもビタミンDは含まれています。
きくらげなどのきのこ類にも含まれますが、穀類や野菜には含まれておらず、肉類にもそんなに多くはありません。
ビタミンDを含む食品はそこまで多くないため、牛乳や朝食用シリアル、オレンジジュースなどに添加されていることもしばしあります。


紫外線とビタミンD

ビタミンD

ビタミンD3をつくってくれる紫外線。
紫外線の中のUV-B(280~315nm)と呼ばれる光がつくってくれます。
しかしながらUV-Bは、肌の天敵でもある日焼けの原因になる光です。
そしてUV-Bのうち、295nmでいちばんたくさんビタミンD3がつくられます。
UV-Bは服やガラスを通れません。
ですので、いつも屋内で過ごしたり、外出するときに必ず日焼け止めを塗る人は、いつもビタミンD不足になっているおそれがあります。

 

適度な日光浴がオススメ
適度な日光浴は、条件にもよりますが、週に3日、1日に約15分間程、日差しが強い時間帯に日焼け止めなしの状態で、肌の3~4割を日光にさらすことで十分なようです。

 

季節と緯度とビタミンD
紫外線は季節によって届く量が違います。
その結果、季節によって体内でつくられるビタミンD量も違ってきますので注意して下さい。
北半球の緯度の高い地域では、冬季にはオゾン層で紫外線が吸収されてしまうため、私達まで届く紫外線の量が少なくなります。
そのため、冬に夏と同じ時間だけ日光を浴びても、皮ふでつくられるビタミンD3は期待できませんので、日光を浴びる時間を少し長くしましょう。



TOPへ