台湾神宮の跡地に行ってみた

台湾神宮の跡地に行ってみた

実は神社の家系ということもあり、寺社仏閣に興味があったりする。

で、前々から行ってみたかった台湾神宮の跡地に行ってみた。

 

台湾神宮は、かつて台北市に存在した台湾の神社で、台湾の総鎮守であった神社です。
日本の敗戦後に廃社となり、跡地には大きなホテルが立っています。

 

台湾神宮の跡地に行ってみた

台北圓山大飯店(台北グランドホテル)というホテルなのだが、中華宮殿様式のコージャスな巨大ホテル。台北の北側丘陵に位置し、台北のランドマークとなっている。台湾の国際会議や国賓をもてなすときにも使われる国を代表する施設です。

大戦後の中国内乱を経て、中国国民党の蒋介石が台湾に渡ってきて、この地に中華様式の宮殿をたてたことが始まりらしい(いちおう蒋介石の第一婦人が建てたことになっているが、実際は蒋介石なんでしょうね)。

 

 

戦争なんでしかたないのだろうけど、まだ現存していた和様式の鳥居や社殿を取り壊して、わざわざ中華様式の宮殿を立てたことは、なんとも言えないものを感じてしまう。日本領から中華への変更を宣言する政治的意図もあったのかもしれないですね。

 

何かあった時に逃げるために秘密の地下通路とかもあってりして、当時の生々しい一面が見え隠れたりもする。

 

神社社殿があった場所は、中華様式の宮殿ホテルとなっており

 

鳥居があった場所は、これまた中華形式の巨大門となっている。

台湾神宮の跡地に行ってみた

 

 

当時のものと思われる狛犬が大切に現存してくれているのが、せめてもの救いかな・・・

台湾神宮の跡地に行ってみた

 

ホテルのロビーには、かつて神社に鎮座されていた龍神も展示されている。
いつのまにか金メッキをされて、噴水仕様に魔改造されているのは、ご愛敬ですww

台湾神宮の跡地に行ってみた

 

 

台湾神宮との関係とか歴史もキチンと展示されていて、歴史を大切にしてくれている姿勢は、うれしく感じました。

台湾神宮の跡地に行ってみた

 

(文責:山中しんじろう


TOPへ